IE6でa:hover疑似クラスを対応させる

csshover.htc を使用する
body { behavior:url(“csshover.htc”); }
または
適応箇所 { behavior:url(“csshover.htc”); }
でもOK
さらに HTMLコンポーネントを利用するには、サーバ側で.htc に対して適切なMIMEタイプが設定されている必要があるため、サーバ上に.htacces を作成する
テキストエディタで 自分のパソコン上に htacces.txt を作成(Shift_JISでOK)
  AddType text/x-component .htc
の1行のみ入力
FFFTPでサーバへファイル転送(転送先のフォルダ以下のすべてのフォルダで有効になる)
サーバ上のファイルのファイル名を「名前の変更」で
.htacces
に変更する
これでOK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。