東京散策ナビ、京都散策ナビをapiV2 でリニューアル

map を apiV2 で作成すると、他の機能はすべて apiV2 で作成しないといけないようである。
どうにか、「東京散策ナビ」と「京都散策ナビ」を apiV2 でリニューアル。
v3 で作成したものより、大分使い勝手が上ったと思う。

google からのkey通知をそのまま使ったため,
日本語の地名が UNKOWN_ADDRESS
script src=”http://maps.goole.com/ ” を
script src=”http://maps.google.co.jp/ ” に変更

ストリートビューでは、地図上に現在位置と視線方向がわかる人型のPegmanが載せられるので、ExtSreetViewコントロールを利用。
getNearestPanorama(latlng, callback) は、建物の上では 600 のエラーがでるため、人型のPegman を動かして、移動先の近傍の有効地点の緯度経度を地道に取得。
その緯度経度を引数に、setLocationAndPOVで移動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

goole map api v2 と v3 の併用

次の記事

奈良散策ナビも作成