『Movable Type 5 実践テクニック』のエラー対策

個人用のMovable Type 5.02 を local で使用している。
「Movable Type 5 実践テクニック」のChaper3で出くわしたエラー2つについて忘れないうちに記録。
ダウンロードして解凍したものを、themesフォルダに追加すると、SBC_blog,SBC_news,SBC_products,SBC_website のフォルダが作成される。
ダッシュボードの「デザイン」-「テーマ」をクリックすると、
エラー1:
~/themes/sbc_website/theme.yaml:YAML::Tiny faild to classify line’このページは設定用であり、コンテンツは存在しません’
原因:
MT5でデフォルト使用する、YAML::SyckというPerlモジュールが存在しないため、YAML::Tiny が使われたため。
対策:
sbc_website 内の theme.yaml を1ケ所変更
251行目 text: を text: | に変更(text: と | の間はスペースを1個入れる)
参考としたhttp://books.extraone.net/dtl/4797358831?ASIN=4797358831 ではうまくいかなかったようですが、私の方はこれでうまくいきました。
エラー2:
再構築中、mail_form のテンプレートエラーが発生
対策:
mail_form テンプレート内の1ケ所変更
36  <$MTIncludeMailFormCommon$> を
36  <mt:include module=”mail_common:メールフォーム共通部分” />
と変更
参考とした http://murmur.skr.jp/blog/2010/05/movable_type_5.html には、他のエラーやその対策を載せています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。