余剰次元(extra dimension)

もう一つの空間次元が自分に比べて小さすぎて見えない場合には、
その次元に決して気づかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。