情報:今年のパリは、日本、日本、日本(JBPRESS )

JBPRESSに興味深い記事がありました。
2013年6月6日付けの記事で
『今年のパリは、日本、日本、日本』
その記事の中で、日本の作品を取り扱っている店の報告。

  そもそも店であるからには、見せるだけでなく、売れなければはなしにならない。
  では一体何が一番売れているかをマリエルさんに問えば、
  「小皿」という答えが返ってきた。

  「フランスだと、お皿の一番小さいのがデザート皿。日本のこのサイズのはほとんどないの」

  たしかに。フランスの食器のラインアップで言えば、デザート皿でも直径15センチくらいが最小。
  コーヒーカップの受け皿より小さいものをまず見ない。

  だから、日本の小皿、それも薬味や醤油を入れたりする皿のサイズそのものが新鮮だし、
  そこに気のきいた絵が描いてあったりすれば、さらに興味をそそられるというわけだ。

  「買われた方はどう使うのかしら?もっとも、使い方が分からなくても、
  モノそのものに魅かれることは確かにあるわね。わたし自身、京都で見つけたお弁当箱を
  思わず買ってしまって、いまはうちの本棚に飾ってあるわ」

urlは
  http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37879

です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。