人類の文明の発展を促進したものーー専門化と交換

TEDのビデオより

人類の文明の発展を促進したのは、「専門化」と「交換」だという。
ネアンデルタール人は人類より脳の容積が大きいが、
その生活や遺跡を見ると、
男と女の分業が行われていない、
その地域に産出するものだけを使っている。
それに比べて人類の祖先は、
男は狩猟に、女は育児や採集に分担している。
また、遠く離れた所から産出された黒曜石などが見つかる。

人類は昔から、それぞれが得意な物を作り、
交換していた。
それにより、専門化が進みよりよい物ができるようになり、
それ以外のものは自作するより少ない時間でより良い物が手に入るようになった。
それによって、できた自分の時間を、さらに専門化へとあてられるようになった。

--------

日本の青森や秋田の縄文期の遺跡に
西日本で産出され作られた石器や土器が見つかることがある。
これは、東北と西日本が直接交易したというよりも
その村が隣村と交易し、隣村がまたその隣村と交易し、....
その結果、西日本の物が東北に運ばれたのではないかと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。