アフリカの知恵ー1 ジンバブエ政府による「緊急農業キット」の配布

独立直後(1980年)のジンバブエの国家運営

81年~85年 アフリカが大旱魃に襲われた。

政府は「緊急農業キット」を配布
農業普及員に農家52,000世帯を巡回させ
「本格的な雨が降ったら開けるように」と言って配布

40cm4方ほどのダンボール箱に
  トウモロコシの種
  ソルガム(ヒエの一種)の種
  肥料
  殺虫剤
など
零細農家の平均0.5ha分がまかなえる種類と分量の農業材料が入っていた

84年 94万トンと国内消費を満たす生産が復活

85年 240万トンと史上最高の豊作を記録
    エチオピアやモザンビークでは、生産がほとんどなく約100万人の餓死者
    食料不足が深刻なエチオピアに、アフリカ域内で唯一24万トンの食糧を援助

農業省に所属する農業普及員のアイデアであり、
全国に3,400人いた農業普及員が、平均20集落を自転車で回って配布

                出典:『アフリカは今』(NHKカルチャーラジオ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。