Extjs について

Extjsというjavascript のframework を使って、WEBアプリを開発。
Extjs はオブジェト指向の考え方で、クラスを元に
オブジェクトを作成して、その内部で操作させる。

C++やJAVAでこのあたりに慣れていないと難しい

この切り口に気づくと、少しづつExtjs の動きが見えてくる。

Framework は使えるようになれば、非常に便利。
また、そうでなけば、Framework ではない。

 

これまでは
Ext.create(‘Ext.grid.Panel’,
‥‥‥

と ExtJS が定義したクラスのオブジェクトを使用していた。

今は、
Ext.define(‘定義ファイル位置.ファイル名’, {
extend: ‘Ext.grid.Panel’,
alias: ‘短縮用の別名’,
‥‥‥
initComponent:

で、Ext.grid.Panel を継承して、自分用のクラスを定義する

Ext.create(‘短縮用の別名’, {

で、自分用のクラスのオブジェクトを作成する。

このやり方は、クラスライブラリーを使って開発するC++に似ている。

aliasの短縮名で、 widget.名前 とすることによって、
xtype: 名前 で呼び出しことができる。
そのつど Ext.create( でオブジェクトを作る必要がない。
これは、複数のタブ上に幾つものPanel を載せているときには、xtype で対応することが必要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

帚木蓬生さんの著作を読む。

次の記事

JSONPについて