前漢時代(紀元前202~8年)中期にガラス?? タイムマシンは実在するのか

2012年11月中国の江蘇省連雲港市石嶺村で発見された墳墓の発掘により

奇妙なものが出てきた。

5cmx7cm位の長方形の薄いプレートで、

1枚は角が欠けてヒビが入って少し濁っているが、

もう一枚は完全に透明で、後ろ側の軍手の模様もよく見える。

その墳墓は、前漢時代(紀元前202~8年)中期のもので、

他にいろいろな埋葬品も発見されていることから、荒らされたわけではなさそうだ。

あとから持ち込まれたのではなければ、

劉備や諸葛孔明、曹操が活躍する時代の200年も前に作られたことになる。

辺は一直線で、長方形といってよく、背後の軍手の模様もぼやけや歪みがないことから

内部が均質になるように作られている。

紀元前100年ごろにそこまでの技術があったのだろうか???

以前、明代だったか、墳墓に腕時計が埋葬されていたということがあったが

これはどうなったのだろうか?

ビッグコミックの星野之宣氏の「未来からのホットライン」が終了した。

最初はよくわからなかったが、後半にはいったころよりわかるようになり

最後は満腹、そして静寂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。