嘉納治五郎の講話は、いつも「なあに」精神一本槍だった。

東京の高等師範学校の校長は、嘉納治五郎。
講話は、いつも「なあに、これくらいのこと」と腹をきめる
「なあに」精神一本槍だった。
  --週刊現代 世界大富豪伝 五島慶太 その1 より --

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。