WP:カスタムフィールドを持つCSVデータを、WPのDBに取り込む

プラグインの csv_importer を使用する。
csv_importer をダウンロードして、有効化する。

1.csvファイルを作成する。
    Excel のデータの場合
      必要な項目だけにする
        csv_impoter は、tsl_posts テーブルの post_title, post_content が必須のため
        その項目は残す、無い時は、仮りのデータを入れて作成
      必要なら先頭の項目のデータの先頭にデータ内に無い文字を付ける。
        エディターで加工するさいに、先頭に ” をつけるため。
        先頭となる左橋の項目の隣りに 列を 2列挿入する。
         例えば
           A1の 1 → 0001 にするときは
           隣りの B1 に =”AAA”&text(A1,”0000″) と計算式を設定する
                 (AAAが各項目の全データに無いものとする)
           左端のデータがあるだけ、下向きに式をコピーする
           B列の全てのデータを選択して、マウスの右クリックでコピーをクリックする
           C列のトップを選択し、マウスの右クリックし
             「形式を選択して貼り付け」ー「値(V)」を選び「OK」をクリックする
           C列は、実際の入力値のようになるので、A列、B列を削除する
      CSV形式で保存する
        csv_impoter は、各項目のデータは” ”で囲むようにする。
        Excel は、項目内に , や 、がない限り、データを” ”で囲まない。
      CSVファイルをエディターで加工する。
        ① 「,」(コンマ) を 「”,”」に全置換する。
        ② すると、加工前に ,” “, となったいたデータが
           ”,””  “”,” となる。
        ③ 「,””」を検索し、
            項目の先行の 「,””」 は 「,”」にする。
            項目の途中の 「”,”」 は 「,」にする。
            項目の最後の 「””,」 は 「”,」にする。
        ④ 先頭の特別な文字を 「”」に全置換する。
     これによって、
     CSVのデータはすべて、” ” となっているはず。

   CSVファイルの先頭に、csv_importer が識別する項目名の行を挿入する。
     csv_post_title:tsl_postsの post_title に対応
     csv_post_post:tsl_postsの post_content に対応
     csv_post_type:tsl_postsの post_type に対応
     csv_post_date:tsl_postsの post_date に対応
     csv_post_author:tsl_postsの post_author に対応
     カスタムフィールド名:wp_postmetaの meta_key に対応

  例えば、
     タイトルA コンテントA カスタムタイプがカスタムA カスタムフィールドが c-A で その値が カスタム値-A だとする。
     そのとき、CSVファイルは、
         ”csv_post_title”,”csv_post_post”,”csv_post_type”,”c-A”
         ”タイトルA”,”コンテントA”,”カスタムA”,”カスタム値-A”
     となる。

   csv_importer は上記以外もいろいろな識別子を持っている。
   ダウンロードしたファイル内にexampleフォルダに幾つかサンプルがあるので
   それを参考にすること。

   (注意点)
      CSVファイルはUTF-8 で保存する。
     インポート後のデータのパーマリンクがデフォルトのもの
     ?p=(IDの値) となる。

   CSVファイルを保存したら、
   WPの管理画面の「ツール」メニューの「CSV Importer」をクリックして
   Import CSV画面を表示する。
   先ほどのCSVファイルを選択して、「import」する。

   一度DBの中に入れ込むと、元に戻すのは大変なので
   事前にDBのバックアップをとり、
   十分用心して行うこと。
   以上、自分への覚書として記述。

   もし、これを行う人がいれば、自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。